このブログを検索

2017年9月18日月曜日

広域仙台北支部 総会がおこなわれる

9月14日 支部総会が 塩釜ガス体育館会議室にて行なわれました。
      役員選出、事業計画、収支予算など協議
      

広域につき、利府、大衡、富谷、塩釜、多賀城から参加
それぞれ各役員についていただきました。
〇情報の共有は、メールにて発信。
 取りまとめは神野が行いますが、事務局として佐々木康明氏がIT担当します。
 各役員はHP記載などpdfへの変換、エクセル変換などは佐々木氏が資料作成しますので、ファクスにて依頼してください。
各役員への一斉メールも佐々木氏から発信します。
(詳細は地域活動支部のページを参照)

2017年9月10日日曜日

セミナー「障害のある人たちの余暇支援を考える


  1. 目  的  今回のセミナーでは、障害のある人たちの余暇支援を考えます。 「余暇の充実」は誰にとっても 生活を豊かにするために大切な要素です。『共生社会の実 現』のため、「余暇」をどのように考 えていくか、支援者も一緒に楽しむにはどうすれば良いかなどをワークショップ形式で学び、 障害のある人たちの余暇の充実を図ることを目的とします。 
  2. 主  催  全国障害者総合福祉センター(戸山サンライズ)
  3.  会  場  全国障害者総合福祉センター(戸山サンライズ) 会議室・体育館          〒162-0052 東京都新宿区戸山 1-22-1          TEL:03-3204-3611  FAX:03-3232-3621 (担当:養成研修課) 
  4. 日  時  平成 29 年 9 月 23 日(土・祝日)10:00~15:40(受付:9:30~)
  5.  対  象  障害のある方の余暇支援に関心のある方(利用者との参加も大歓迎です)6定  員  70 名(先着順。定員になり次第締め切ります。) 
  6. 参 加 料  無料 【昼食(弁当)を希望の方にはご用意します。当日、受付で集金します。1 食 700 円】 
  7. 申込方法  参加申込書を切り取らずに FAX または郵送にてお送りください。FAX 送信後、必ずセンター養 成研修課まで受信の可否をお電話にてご確認ください。 (TEL:03-3204-3611)
  8.  持 ち 物  体育館用シューズ、動きやすい服装(ジャージなど) 
  9. 決定通知  参加決定通知はお送りしません。調整が必要な場合のみご連絡いたします。         連絡がない場合はそのまま当日に会場までお越しください。
  10.  プログラム    9:30~10:00 受付 10:00~12:00 余暇診断ワークショップ         ・余暇の考え方         ・余暇をデザインする 12:00~13:30 昼食・【余暇活動持ち寄り展示会】 13:30~14:20 「音楽」または「身体表現」ワークショップ 14:20~14:30 休憩 14:30~15:20 「音楽」または「身体表現」ワークショップ 15:25~15:40 
  11. ◆講師◆      玉木 孝治 氏(ヴィブラフォンプレーヤー) 薗田 碩哉 氏(日本福祉文化学会)      越部 清美 氏(法政大学准教授・舞踊家) ※講師・プログラムは都合により変更することがあります。  

【 セ ミ ナ ー 参 加 申 込 書 】   FAX:03-3232-3621
お名前(ふりがな)       

                 女
年齢

電話:
フ ァ ッ ク ス :
E-mail:
昼 食 希望する  ・  希望しない
ご住所( 自宅 ・ 勤務先 )いずれかに○をお願いいたします 〒
勤務先(学校等) 職種
素材持ち寄り 有 ・ 無 写真 冊子 DVD 動画データ 用具 その他(        )
障害の有無 有 ・ 無 必要な配慮(                         )
※ 当センターで実施する各種研修会に関する情報の配信をご希望の方は E-mail アドレスをご記入ください。
※ ご記入いただきました個人情報は、当該セミナー実施および研修会のご連絡に関する業務のみに使用いたします。
                                   
9/23   土 日 10:00~15:4 0 (受付 9:30~) 定員:70名(先着順) 
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1  戸山サンライズ  全国障害者総合福祉センター お 問 い 合 せ 
「共生社会」とは? 「余暇」とは? 一緒に考えてみましょう! 
セミナー 障害のある人たちの 余暇支援を考える ~やわらかな「こころ」・やわらかな「からだ」~ 
TEL.03-3204-3611    

2017年9月5日火曜日

塩釜市民スポーツフェスティバルに参加

9月3日(日)
 塩釜ガス体育館にて塩釜市民スポーツフェスティバルが開催されました。

主催は塩釜市、塩釜市教育委員会 塩釜市身体障害者福祉協会で
 佐藤塩釜市長の挨拶がありました


スポーツ吹矢が正式種目に採用され、指導者協議会から3名と
塩釜スポーツ吹矢協会から3名が参加



吹矢体験はスタンプラリー参加者約100名で、昼休みに再度体験要望があり
松島など市外からの参加者(小学生)も体験されました。


2017年8月21日月曜日

東北ブロック3事業部会 開催

平成29年7月22日(土)13時より 仙台市宮城野・元気フィールドにおいて

今年度の東北ブロック3事業部会が行われ、宮城から大塚事務局長・村上研修部長が
参加された。

障害者スポーツ公認指導員数 東北で1486名
  宮城県 236名  仙台市 230名
  
全国で約23400名  
課題  有資格者を増やす、中級以上 若者の育成等

宮城においては、エリアを5つ区分し 支部長の元に個別活動を推進してゆきます

このHPにも欄を設けて会議や研修会の情報を記載します。
<各支部長は広報まで連絡ください>

キッズサポートプログラム日程決まる

宮城県障害者スポーツ協会主催のキッズサポートプログラム

今年度は会場や開催時間が月により変わりますので、参加する方は注意しましょう!

8月26日(土) 仙台市宮城野体育館・障害者アリーナ
          10時~11時30分
9月16日(土) 石巻市総合体育館・武道場
          14時~15時30分

以下は受付はまだです、案内が来ましたら申し込みを!

10月14日(土)セキスイハイム・サブアリーナ
           14時~15時30分
11月 3日(土)多賀城市総合体育館
           14時~15時30分
12月 9日(土)多賀城市総合体育館 
           14時~15時30分
1月20日(土)カメイアリーナ仙台
           14時~15時30分
 

2017年6月7日水曜日

熱中症を防ごう

・気候の変化が激しい今日この頃、皆さんは暑さ対策は大丈夫でしょか?

  スポーツ指導者として、熱中症対策は自分だけでなく、周りの人たちへの
  配慮が大切です。

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 より以下の通達

今年は、早い時期から暑い日が続いておりますことから、貴団体におかれましては、関 連するスポーツ大会、各種事業における熱中症事故の防止にご留意下さいますよう、よろ しく申し上げます。


熱中症の予防について  

環境庁 HP より 暑さ指数 

の確認ができます    


スポーツ活動中の熱中症予防5ヶ条


  1. 暑いとき、無理な運動は事故のもと
  2. 急な暑さに要注意
  3. 失われる水と塩分を取り戻そう
  4. 薄着スタイルでさわやかに
  5. 体調不良は事故のもと
詳しくは日本体育協会のホームページを参照ください
  http://www.japan-sports.or.jp/medicine/tabid/523/Default.aspx



ビームライフル

4月25日 新しいスポーツ<ビームライフル>てご存知?

 ニューヒーロー 現れる


エアーライフルの前に ビームライフルで!
そんな気持ちの子らは仙台にやってきた。

仙台の福祉プラザはそんな障害を持ちスポーツに励む人たちを
応援するところです。

福島では免許が取れないそうです。

仙台障害者ビームライフルクラブ